子供とムダ毛

女の子の第二次性徴...気になる脇毛の処理

7歳から11歳頃から女の子の第二次性徴が始まります。胸が膨らみ始めたり、体毛が生えたり、月経が始まるなどの変化が起こります。ワキ毛や陰毛などの濃い毛が生えてきてしまうのでビックリしてしまう子は多いでしょう。陰毛はそのままでいいでしょうが、ワキ毛となると服によっては目についてしまうのでどうにか処理したいところです。


最近の子は身だしなみに気をつけている子が多いので自主的にワキ毛や腕、脚の毛を処理している子は多いです。若い子向けの雑誌に書いてあることも多いですしね。しかし、中には女としての意識が薄く、気にせずに生やしっぱなしにしてしまっている子も割と多いです。そのような場合、ちゃんと母親がアドバイスしてあげるということが大切です。


母親から娘に、脇毛の処理について教える


教える時に大切なのが、ワキ毛が生えるということは極普通のことで、処理するということは当たり前で、恥ずかしいことではない、ということを伝えることです。そして、生えていることを気にする子もいるということも伝えてあげて下さい。女同士なので恥ずかしさはさほどないと思います。


ワキの処理方法としては電気シェーバー、カミソリ、除毛クリームなどがありますが、その中でもポピュラーなのがカミソリでしょう。入浴の際に処理することが出来ますからね。ただ、ワキというのは意外と処理が難しい箇所なので、慣れるまではサポートしてあげた方が良いかもしれません。


正しい処理方法を見せる


例えば、さりげなく一緒にお風呂に入ろうと誘って、自分がやっているところを見せるのは良いと思います。そしてやってみるかと声をかけてあげましょう。恥ずかしがってやろうとしなければあまり無理にやらせようとせず、いつでも使っていいけど、気をつけて使ってねと言ってあげて下さい。また、あまり頻繁にやりすぎたり、摩擦が強すぎると黒ずみになりやすいのでシェービングフォームを使いながら、優しく処理することも教えてあげて下さい。


ちなみに...ウチの場合、長女(中学1年生)はかなりオープンで、自分から毛が生えていないか見てと言ってくるぐらいです。そして生えていると処理してーと恥ずかしげもなく頼んできますw本人は処理が面倒だから脱毛したいと言っていますが、私自身、ワキ脱毛していてかなり楽なので、そのうちやらせてあげたいなーと思います。


関連記事
子供は年代によってムダ毛の悩みが違う?
子供でも安全にできるムダ毛の処理方法について
抑毛ローション...子供でも安全に使うことが出来て人気です♪
Dione(ディオーネ)の「ハイパースキン脱毛」について


<<<前の記事男の子の第二次性徴...気になる髭の処理


>>子供でも安心して脱毛できるディオーネの「ハイパースキン脱毛」詳しくはコチラ