子供とムダ毛

子供でも安全にできるムダ毛の処理方法について

子供の肌は大人の肌と比べて弱く、デリケートです。ムダ毛処理をする際、カミソリや毛抜きなどを使うと肌トラブルを招いてしまうことがあります。どのように処理すれば肌を傷つけないように出来るのでしょうか?部位ごとで説明したいと思います。


☆★ 顔 ★☆


特に顔の皮膚というのは他の箇所と比べ、デリケートです。入学式や発表会などの晴れ舞台でとにかく綺麗にしたい、という場合と、長い目で見てじっくり毛を少なくする場合とでは処理方法が変わってきます。とにかく綺麗にしたい場合には顔用の電気シェーバーがおすすめです。優しくすべらせるように使うようにして下さい。理容院などで顔剃りをしてもらうというのも良いですね。


長いスパンで考えているのであれば、抑毛ローションがおすすめです。塗るだけでムダ毛が薄くなっていきます。肌に優しく、ダメージが少ないのでとても安全です。効果がなかなか出づらいですが、根気よく続けて下さい。お風呂あがりに気になる箇所に塗りこんで下さい。ただ、安全と言えど肌に合わないこともあるので、パッチテストを行ってから使うようにして下さい。


☆★ 腕・脚 ★☆


腕や脚のムダ毛というのは広範囲なので、カミソリを使いましょう。何もつけないと危険なのでシェービングフォームはしっかり付けるようにしてください。シェービングフォームの代わりに石けんで滑りを良くする人もいますが、石けんを長くつけると乾燥しやすくなり、傷つきやすい肌になってしまうので、やめたほうが良いです。


入浴時に行うのが良いです。温まると皮膚が柔らかくなって肌が傷つきにくくなりますし、剃りやすくなります。剃るときの注意点としては、逆剃りと2度剃りはしないようにしましょう。また、処理後は保湿などのケアをしっかりすることも大切です。そして頻繁にムダ毛処理をすると肌を痛めたり色素沈着、埋没毛を引き起こす原因となりますから、適度に行うようにして下さい。


他には除毛クリームというものがあります。ムダ毛が生えている部分にクリームをつけて少し置いたら洗い流すという至って簡単な方法で、誰でも簡単に処理することができます。とても簡単なので広範囲の処理をするのに適します。ただ、除毛クリームは毛を溶かすもので、どうしてもお肌への刺激が強いです。痛みやかぶれ、痒みなどの症状が起きることがあります。まず、パッチテストをして自分の肌で使えるかどうかチェックして下さい。処理後のアフターケアには肌を保護しながらムダ毛を薄くしてくれる抑毛ローションがおすすめです。


☆★ ワキ ★☆


ワキ毛を処理する際、毛抜きを使っている人が多いです。他の箇所より狭くて生える本数が少ないからでしょうね。ただ、ワキの皮膚は割とデリケートな部分で、黒ずみやすいので刺激の強い毛抜きや除毛クリームはおすすめしません。電気シェーバーなどで軽く剃って抑毛ローションをつけると良いです。


☆★ 背中・うなじ ★☆


背中やうなじというのは自分で見ることが出来ないので自力で処理することはなかなか難しいです。できれば家族や恋人などに手伝ってもらうようにしましょう。また、理容店などでうなじをシェービングしてくれるので、そのようなところも利用するとよいでしょう。


自力で除毛しようと思うなら、除毛クリームや肌にやさしい電気シェーバーを慎重に使って処理しましょう。ただ、それでもムラになってしまったりして上手く出来ないかもしれませんので、抑毛ローションをおすすめします。これならどれだけつけても肌に優しいので、まんべんなく付けることが出来ます。


どこの箇所でも安全に使える抑毛ローションですが、残念ながらその効果はなかなか出にくいです。徹底的に薄くしたい!と考えている人は子供でも出来る脱毛、ハイパースキン脱毛がおすすめです。これなら肌に優しく、脱毛をすることが出来ます。


関連記事
子供は年代によってムダ毛の悩みが違う?
抑毛ローション...子供でも安全に使うことが出来て人気です♪
Dione(ディオーネ)の「ハイパースキン脱毛」について


<<<前の記事子供は年代によってムダ毛の悩みが違う?



>>子供でも安心して脱毛できるディオーネの「ハイパースキン脱毛」詳しくはコチラ