子供とムダ毛

子供は年代によってムダ毛の悩みが違う?

子供が気になるムダ毛の箇所はズバリ!腕と脚です。ひざ下やひじ下は冬などであれば長袖長ズボン、タイツ、靴下などで隠すことが出来ますが、夏になると露出が高くなり、隠すのが難しくなってしまいます。1年中長袖を履くというのは無理ですし、体操着が1年中半袖・半ズボンという学校もありますから、どうしても気になってしまいますよね。ひざ下・ひじ下はどの年代の子も気になるようですが、他の箇所は年齢によって変わってくるようです。


☆★幼児期★☆


幼児期の子は顔のムダ毛が気になっているようです。本人が、というよりは親が気にしている場合も多いですが。特に口周りのうぶ毛は男女共通で生えてきてしまう上、目につきやすい箇所です。「◯◯ちゃん、おヒゲ生えてる!」なんて言われてしまった日には...(TдT)そのようなことを言われて傷つく前に、さり気なく処理してあげることが必要なのではないのかなと思います。


そして眉毛についても要注意です。特に眉間がつながっているような子や眉毛が濃い子は綺麗に処理をしてあげたほうが良いでしょう。テレビでお笑い芸人が眉をわざとつなげたり、太く書いたりして笑いをとっていることがあり、そういう眉は面白いものなんだと認識している子は多いのです。


☆★小学生★☆


小学生では更に気になる部分が増えます。ひざ下、ひじ下、顔周りなどは親は気にしているケースが多かったのですが、子ども自身が気になるようになります。また、授業を受けている時などにふと自分の腕や手の甲、指毛などの毛が目についてしまいます。自分のみならず、隣の子のを見たりして、お互い気になってしまいます。また、特に水泳の授業の際に普段であれば見えない部分も露出します。


ムダ毛を見られるのが嫌だからプールに入らないようにする...という訳にはいきません。ですから、程度によってはムダ毛の処理をしなければならないかもしれません。たまに背中の毛が濃い子がいます。自分では見えない部分なのですが、男の子の場合結構目立ってしまいます。一度チェックしてあげてください。あと、夏などの露出の高い時も気をつけたほうが良いでしょう。冬などはタイツ、ニーハイソックスを履いたりして隠すのが良いです。年中処理するのもあまり肌に良くありませんからね。


そして高学年になると思春期突入...で第二次性徴が始まって身体に様々な変化が現れます。ワキ毛や陰毛が生えてくるのも大体これぐらいの時期です。特にワキ毛はノースリーブの服の時、プールの時に見えてしまいますから気をつけてあげなければなりません。ワキ毛だけだったら、小学生のうちからでも脱毛するのは良いと思います。


☆★中学生★☆


中学生はおしゃれに気を使うようになる年頃です。メイクをするようになる子もいて、その際、じっくり自分の顔を見ますから、顔のありとあらゆる毛が目につくことでしょう。眉毛を綺麗に整えたりする子もいます。また、見えない部分のムダ毛にも気になるようになり、髪の毛をアップした時に綺麗なうなじを見せたい...ということで処理している子もいます。


ひざ下やひじ下のムダ毛が生えているなんて論外で、腕や脚は毛が生えていないことが当たり前!という感じです。ファッション誌に載っているような憧れのモデルさんは生えていない子がほとんどですからねー。私たち大人よりも気にしているのではないでしょうか。友達とムダ毛の処理法の情報交換なんかもしているみたいですよ!最近の子は結構オープンなんですね。


関連記事
子供でも安全にできるムダ毛の処理方法について
抑毛ローション...子供でも安全に使うことが出来て人気です♪
ione(ディオーネ)の「ハイパースキン脱毛」について


<<<前の記事ione(ディオーネ)の「ハイパースキン脱毛」について



>>子供でも安心して脱毛できるディオーネの「ハイパースキン脱毛」詳しくはコチラ